沖縄料理におけるゴーヤー

ゴーヤーとは、沖縄産の苦味の野菜

沖縄料理におけるゴーヤー ゴーヤーとは、ツルレイシというウリ科の植物です。瓜に似た外観となっています。食用とされ、果実は苦味があります。そのことに因んで、「苦い味の瓜ですね」ということから、ニガウリというのが通商に通称になりました。ただ、このツルレイシは、果実が完熟さえすれば、仮種皮が甘くなることがあります。ただ、そういうことはあまり注目されないようですが、甘くなるのであれば利用したいものです。苦瓜というのは、中国語でクーグアといいます。また、沖縄県はかつてはレキオ(琉球)王国という独立国だったことがあり、中国の影響を色濃く受けていたといいます。そういうことがあったため、クーグアが訛って「ゴーヤー」ということになったといえます。

ゴーヤないしゴーヤーを使用した料理があります。代表的なものに、ゴーヤチャンプルというものがあります。テレビドラマで沖縄のことが大々的に紹介され、沖縄料理に関心をするようなったともいわれているそうです。沖縄料理で特に人気があったということから、全国的に需要が拡大されたともいいます。また、ゴーヤというのは、食用以外には日除けの目的で栽培をされることもあるそうです。意外に思うかもしれませんが、緑化すれば日除けになることから、活用している人もいるそうです。

ゴーヤーチャンプルーの作り方ですが、ゴーヤを炒めてからベーコン、そして豆腐を炒めていけば完成となります。調味料には、めんつゆを二倍濃縮したものを使用すればOKとなります。ゴーヤーチャンプルー以外のレシピですが、ゴーヤの佃煮というものがあります。これは、ゴーヤに醤油、砂糖、酢及び鰹節やゴマを加えたものとなります。作り方ですが、ゴーヤを薄くスライスしたモノを熱湯に入れてサッと茹でます。水けを切って、空っぽの鍋に砂糖、醤油、酢を合わせて沸騰させます。そこへゴーヤを入れて中火にして、汁気が無くなるまで煮込みます。汁気が無くなったところを、鰹節およびゴマを和えて出来上がりとなります。醤油や砂糖を使用したということであれば、多少は甘辛くなっているでしょう。

Site Recommend