沖縄料理におけるゴーヤー

沖縄の名物であるある苦味を克服できるゴーヤー料理

沖縄料理におけるゴーヤー 沖縄地方で昔から栽培されていた野菜の1つにゴーヤーがあります。それは昔は沖縄以外では食されることはほとんどありませんでしたが、2000年代になりましてから健康にいいというブームのために日本の各地や家庭でも多くつくられましてメジャーな存在の1つになりました。しかしこの野菜の特徴はそのままだと苦味が強いために依然として敬遠している人が多いということです。そのため依然として敬遠している人を食べさせることに成功させるためにはある工夫をして苦味がない料理にする必要があります。

その苦味をなくして難なく食べられる料理の代表はチャンプルであります。これはゴーヤーを縦半分に切りまして中の芯の部分にあるブツを取り除いた後に食べやすい大きさにスライスしまして、それを卵や豚肉やニンジンなどその他野菜と一緒に塩コショウなどで味付けして炒めることで苦みを抑えて食べることができます。また似たようなメニューとしてカレー炒めなどがあります。しかしそれ以外に炒めものとは違って漬物感覚であっさり食べられるメニューがあります。それはツナとレモン漬けであります。作り方は縦半分に切って中の芯の部分をくりぬき、その後食べやすい大きさにスライスしたゴーヤーとツナ缶の油を除いたツナとレモンの絞り汁を混ぜるだけなのです。単純なメニューですが、レモンの絞り汁とツナの肉が苦みを抑えてあっさりな味を引き立たせてくれるのです。

Site Recommend