沖縄料理におけるゴーヤー

ゴーヤー茶を作って栄養摂取

沖縄料理におけるゴーヤー 私はゴーヤー茶というものをよく飲んでおります。ゴーヤー茶というモノは、もうそのままの意味でして、お湯に乾燥したゴーヤーを入れますと出来上がるお茶なのです。味はゴーヤーのように苦いというわけではなく、ちょっとほうじ茶に似たような味わいがあります。

作り方は簡単でして、薄く切ったゴーヤーを天日干し、または、レンジで加熱して乾燥させ、それをフライパンで炒めるのです。その炒めたものをお湯に浸すと出来上がります。ゴーヤーは苦い味として知られている野菜でして、苦手だという人も結構いるものですが、お茶にして飲みますと栄養を摂取しながらも、苦くない味を堪能することができるのです。

ゴーヤー茶には、脂肪を燃焼してくれる効果があり、ダイエットをしたいと考えている人には最適なお茶となるのです。ゴーヤー茶を飲んで運動をしますと、さらに効果がアップされるとも言われております。他にもゴーヤーにはビタミンCが含まれておりまして、美容効果にも良いといわれております。でも、ちょっと作るのが面倒だと感じる人もいるかもしれません。そのような人は市販で売られているゴーヤー茶のティーパックがあるので、それを利用しますと楽に摂取することができます。